北山さくらクリニック

しみ・ソバカス

シミは一般的には、肌内部で過剰に生成されたメラニン色素の沈着によっておこるものをさします。加齢と共に皮膚再生のサイクル、ターンオーバーが鈍ってくると、古い角質と同様、沈着した色素が肌に蓄積されてシミが色濃く浮き出てくるようになるのです。
実はそばかすも広義のシミの一種なのですが、遺伝的体質によるもので幼い頃から出現することが多いというところが異なる点です。

しみ・ソバカスの種類

老人性色素斑

simi

30歳以降にみられる、境界明瞭な扁平の褐色斑で、加齢とともに増加します。顔以外にも手、背、前腕、上背などの露出部に多く、主に紫外線が原因とされています。

ソバカス(雀卵斑)

sobakasu

直径数ミリ以下の丸い斑点のような顔に生じる茶褐色の小さな斑点で、頬や鼻の周りなどに多く出ます。遺伝性が強く、3歳ごろから見られ、思春期に特に目立つようになります。

肝斑(かんぱん)

kanpan

30歳前後、多くは中年以降から出始めます。両側の頬部にみられる、くすんだような色素沈着、皮膚の色がワントーン暗く見えるシミです。慢性的な皮膚への刺激、紫外線暴露、妊娠中にでる肝斑(妊娠性肝斑)もあり女性ホルモンが関連して発症するといわれています。また、レーザー治療で悪化するといわれています。

シミ・くすみ

施術メニュー 料金(税込み)
フォトセラピー ¥22,000
3回セット ¥60,500
5回セット ¥88,000
フォトセラピー+イオン導入 5回セット ¥99,000

シミ、肝斑内服

施術メニュー 料金(税込み)
トラネキサム酸250mg(30日) ¥2,200
内服シナール(30日) ¥2,090

白玉注射・点滴

施術メニュー 料金(税込み)
グルタチオン600mg注射 ¥3,300